sinpin

古本の転売は基本的に在庫限りとなりますから、売れることがわかっていても、仕入れが
できなければ出品することは出来ません。

古書店やネットショップなどで探しても、欲しい古本が見つからなければ終わりですし、
仮に在庫があったとしても、その販売価格がヤフオクの平均落札価格やアマゾンでの販売
価格と比較して、転売益が見込めそうでなければ仕入れる価値はないわけです。

このため、極めて不安定だと言わざるをえないのです。

その一方、新刊本新刊雑誌の場合、廃刊や在庫切れにならない限りは何冊でも仕入れが
できますし、書店で在庫がなくてもトーハンや日販などの出版取次や出版社にある在庫を
書店やコンビニ、ネットショップなどで注文すれば取り寄せることができます。

雑誌の場合はバックナンバーでも根強い人気があるケースもありますが、あくまで少数派
であって、大半は「賞味期限」を待つことなく無価値に近くなる一方、新刊本の場合には
売れ行きの良い本であれば何冊でも仕入れることができますから、需要がなくなったり、
転売益が見込めなくなるまでは何回でも仕入れて転売できる
というわけです。

古本と違って、定価販売の新刊本や雑誌で転売益が見込めるものなんてあるのかと疑問に
感じたかもしれませんが、amazonなどでリサーチすればわかるように、定価以上で販売
されている新刊本や新刊雑誌は簡単に見つけられる
ものです。

そこで、定価で仕入れてamazonに出品すれば誰でも簡単に稼げるというわけですが、
のamazonでの販売価格が未来永劫同じでない
ことはあなたも知っていると思います。

今は定価超えだったとしても、amazonでの在庫が復活すれば当然ながら定価に戻ります
から転売益はなくなりますし、それに伴って、ライバルが在庫処分としてディスカウント
価格で出品すると一気に値崩れが起こりかねません。

この駆け引きや需要予測を間違えると、稼げるはずが大損になるわけです。

ブックオフの群馬県エリアでの元マネージャーで、現在はは転売ビジネスで生計を立てて
いる「ブックオフせどり」こと古道和俊さんは、この新刊本・雑誌せどりで無理なく稼ぐ
ためのノウハウをまとめた「新品雑誌せどり&新刊せどりマニュアル」を作成しましたが
このマニュアルを5980円以上の商品の販売やアフィリエイトをする際の特典として配布
する権利がついたバージョンが新たに登場
しました。

【続きを詳しく】