situgyo

>>公開は終了しました<<

会社を退職すると、ハローワークで求職者登録と失業保険手当の申請を行うのが一般的です
が、そこまでは誰もが知っていることでしょう。

あなたもすでに手続きを済ませて、4週間に1回のペースで失業保険の受給資格の認定確認を
していると思いますが、前の会社に勤務していた期間によって給付期間も変わってきますの
で、いつまでもダラダラと転職活動を行っていると、失業給付が満期ということで打ち切ら
れてしまい、その後の生活に支障をきたす結果になりかねません。

病気療養中であれば、傷病手当金が最大1年6ヶ月支払われますので、金額は平均給与日額の
6割と少ないとしても、贅沢をしなければ日常生活が成り立たないほどの状況に陥る心配は
少ないのではないでしょうか。

しかし、健康体で仕事を探していても見つからず、生活資金が足りないためにバイトをする
と時間的・経済的に転職活動に支障をきたす
といった「どん詰まり」の状況を解決するのは
簡単ではありません。

中高年求職者では珍しくもない光景ですよね。

そこで、伊東知隆さんが、失業給付の期間に関係なく、最大2年間はお金の心配をすること
なく仕事探しを安心して行える方法
をまとめた、「会社を辞めて不労所得で生活する法」と
いうマニュアルを公開しています。

しかし、退職後にハローワークで主張をすることで自己都合を会社都合に無理に書き換える
(一応「会社を辞めて不労所得で生活する法」でも説明はしていますが成功率は極めて低い
と但し書きがついています)とか、職業訓練を受ければ給付金が受け取れるといったことは
あなたもすでに知っていますよね。

それよりも盲点になりやすい、税金や年金、健康保険の支払を合法的に減らす方法だったり
借家生活で家賃を補助して貰う方法などは知っておいて損はありません。
まずは、保険料を払わなくても年金がもらえる手続きは必ず行っておく必要があります。