janasin

amazonのアカウント凍結というのは一切容赦がありません。

アカウントが凍結されたら出品していた商品は一斉に取り消されますし、未入金の売上は
1円たりとも出金できなくなります。

3ヶ月間の猶予期間中に改善計画書を提出して、アマゾン側が認めればアカウント凍結は
解除されますが、1回目は比較的凍結が解除されやすいとしても、2回目以降は解除される
方が珍しく、進展がないままに90日間が経過して強制退会という結果になるケースが大半
です。

その場合、未入金の売上は全額没収されますし、amazonFBAにおさめた商品は着払いで
まとめて返品されますから、商品数が多くなるほど格納場所に困るという結果になりかね
ません。

ワンルームではとてもじゃないが格納しきれずに、急いでレンタルスペースを探すハメに
なったという人もいたほどです。

このようなamazon出品アカウント凍結を防ぐためには、アカウントヘルスを良好な状態
でキープし続ける必要があるわけですが、最も重要なポイントとしてシステム開発会社の
矢崎正吾さんがあげているのは「商品の権利保持者からのAmazonへの申し立て」です。

つまり、あなたが販売権を持っていない商品をamazonに出品することで、商品の販売権
を侵害している状態になることが多い
と矢崎さんは指摘します。

日本では商品の販売権を独占するという概念が乏しいこともありますし、転売に関しては
合法ですから意識をすることもないのですが、海外の場合には法体系が異なることもあり
ますし、外国amazonでは規約違反に当たることも少なくありません。

そこで対策として矢崎さんが提案しているのが、日本製の商品だけを出品するという方法
です。

日本製の商品を海外amazonに出品するにあたって、商品の販売権を独占することがあり
ませんので、商品の権利保持者からのAmazonへの申し立てを受ける心配がないのです。

しかし、無在庫転売などで出品している商品数が多いと、どれが日本製か調べるだけで
も大変ですよね。

そこで役立つツールが「JANCDtoASIN」です。

【続きを詳しく】