dailysedori

>>公開は終了しました<<

あなたが日常生活を送るために使っている店舗が全て仕入先になると言ったら、精神的に
楽に感じるのではないでしょうか。

古本だけ、中古カメラだけといった具合に特定のジャンルしか扱えない状態だと、競合が
増えただけでも転売ビジネスを続けるのが難しくなりますし、競争が激しくなりますので
ジリ貧状態になりかねません。

一部のジャンルだけにこだわるのではなく、どのようなジャンルであっても扱えるように
なったほうがいい
とアドバイスをするのは、「デイリーせどりスタイル」の丹波研さんと
岩立充弘さんです。

ノンジャンルで稼ぐというと、価格差の大きな商品をツールで調べて電脳せどりといった
方法を思い浮かべるかもしれませんが、機械的に行える作業というのは参入しやすいこと
もあって常に厳しい競争が繰り広げられています。

このため、仕入れが難しいだけでなく、同じ商品を複数の出品者が同じようなタイミング
で出品することから値崩れが起こりやすく、リサーチした時のような利益が出ないという
結果になる場合が実に多いのです。

そこで、丹波さんと岩立さんが推奨する仕入れ先はあなたの生活圏内にあるショッピング
モールやスーパーマーケット、ディスカウントストアなど
です。

その中でもライバルが少ない商品を選んで仕入れると効果的だと指摘します。

その上、新品商品を複数個仕入れることで売上・利益ともに安定化できるのです。

中古品であれば、その品限りで終わりますが、新品の場合は仕入れた商品が全て売れても
ライバルが少なく稼ぎやすい状況が続く限りは、何度でも仕入れて出品できる
という点が
非常に大きいといえるでしょう。

「デイリーせどりスタイル」を使って、ライバルの裏をかいて稼ぐスキルを身に付ければ
今まで苦労していたのがウソのように思えてきます。