rewritebuilder

逆SEOを狙ってなのか、単純に何も考えずに行っているのか分かりませんが、今でも他人
のWebサイトやブログを全て、もしくは大半をコピペしたものが見つけられます。

大半はパンダアップデートやコピーコンテンツとしてペナルティを課されてインデックス
さえされなくなるわけですが、万能ではありませんので、コピーをした方がSEOを行って
コピペ元のほうがペナルティを課されてしまう
といったケースも少なくありません。

もちろん、一言一句変えていない露骨なコピーコンテンツでなくても、リライトした上で
サイトやブログに記事として投稿したものは数多くありますし、その多くは検索エンジン
からコピーコンテンツ扱いされていませんので、自然検索でアクセスを集めたり、キラー
コンテンツとして活用することができる
というわけです。

キラーコンテンツとして使う場合には、リライトした文章が人間から見ても違和感のない
日本語として成り立つ文章になっている必要がありますので、「だ」と「ます」を変える
とか、類似語で入れ替えた程度だと、かえって読みづらくなるおそれがあります。

そこで役立つのが、「リライトビルダー」です。
使い方は簡単で、リライトしたい文章を貼り付けて変換ボタンをクリックするだけです。

日本語として多少怪しい結果になるケースもありますが、全自動で行うことも出来ますし
現時点では検索エンジンからスパムコンテンツとしてペナルティを課されたケースはない
といいます。

キラーコンテンツのように人間が読むことを前提とした文章をリライトする場合は、自動
ではなく、変換候補を選んでオンデマンドで変えていくセミオートのほうが効果的です。

全自動のリライトと比べると手間と時間はかかりますが、精度という点ではセミオートの
ほうが上回りますし、逆要約機能を使って文章量を増やす事も可能ですから元ネタが短文
だった場合に使うといいでしょう。

類義語自動収集機能も搭載されていますので、この手のリライトツールにありがちな辞書
を鍛える手間を大幅に削減することができます。

【続きを詳しく】