ehon

古本転売は既に時代遅れといったイメージが一般的ですが、今でも安定的に100万円単位
で稼いでいるせどらーがいることは事実ですし、低価格で仕入れて利益率が大きいという
メリットは今でも変わりません。

しかし、ブックオフなどでの古書店では、全数検索のビームせどりが実質禁止されている
状況ですし、店舗内で何人も同じように仕入れを行っている光景を見たことがあれば参入
余地が残されていないと思うのも仕方がない
かもしれませんね。

「ブックオフせどり」こと古道和俊さんは、ブックオフでエリアマネージャーをしていた
実務経験がありますが、その甲斐もあって専業せどらーになってからも順調に売上・利益
ともに上げ続けているといいます。

その古道さんが推奨するのが「絵本せどり」です。

絵本と一口に言っても、あなたがイメージしている絵本以外に、児童書や図鑑、学習漫画
などといった具合に間口は広いですし、少子化で需要は減少しているといっても、一般の
書籍や雑誌と比べると、確実に見通せる根強い需要があります
から狙い目なのです。

絵本せどりをするにあたっての仕入先としては、ブックオフはもちろんのこと、個人経営
の古本屋さんでも意外に見つかりますし、絵本や洋書の専門店、バザーやフリマ、地域で
開催される古本祭りやバーゲンブックなど、さまざまなルートがあります。

また、メルカリやヤフオク、eBayなどから仕入れる電脳せどりも可能ですから、仕入れ
で困ることは意外に少ない
のです。

そこで具体的に何をすれば良いのかをまとめた「絵本せどりマニュアル」が役立ちます。

【続きを詳しく】