uranai36

極論を言えば、占い師になるためには国家資格などは必要ありませんし、民間資格を取得
しても「お守り」程度の価値しかありません。

その上、弁護士や医師などのように、一部の限られた人しか仕事ができない職業でもあり
ませんので、占いに関しての勉強を何一つしなかったとしても、トークテクニックだけで
何とか占いらしきことをするのも可能
といえるかもしれませんね。

しかし、そんな「いい加減」なことをしたくないというのであれば、占いについての勉強
をする必要がありますが、タロット占いからホロスコープ、手相や風水などといった具合
に多くの占い方が存在しますし、占い師によって得意分野は異なります。

タロット占いを行う占い師に、四柱推命や手相を使って占ってくれと依頼しても無理だと
断られることは決して珍しくありません。

開運サイト「○。Fortunate cafe。○」を運営する占い師のおかの佑香さんは、短期間で
身につけられる占い方として九星氣学を推奨しています。

占い独自の難しい専門用語が少なくとっつきやすい上に、他の占い方を学ぶ際にも参考に
なることが多いという応用力の高さが九星氣学のメリット
だとおかのさんは言います。

この九星氣学で重要な要素を中心に、36時間あれば他人に占いができるレベルのスキルを
身につけられる在宅教材として「占い師になる!36時間プログラム」を公開しました。

占い学校に通わなくても必要な知識と技術を身につけられるという、おかのさんの自信作
です。

もちろん、占い師になる!36時間プログラムで九星氣学を身につけた後に、あなた自身の
研鑽のために他の占い方を身に付けるというのは全く問題ありません。

いろいろな見方ができるようになれれば占いの幅も広がりますし、さまざまな相談も受け
られるようになるからです。

【続きを詳しく】