1market

転売ビジネスで重要なポイントの一つが「仕入れ」です。

仕入れがうまく出来ないと、ヤフオクやamazon、eBayなどに出品することができない
ことから、転売益で稼ぐなどという以前の話になるわけです。

リサーチをしっかりと行って、転売益の大きな商品を見つけたところで、実際に仕入れる
ことができなければ「絵に描いた餅」でしかありませんし、仕入れが不安定だと収益にも
大きな影響が出かねません。

そこで、せどり・転売バイヤーの山内啓太さんが毎月約40万円を安定的に得ているという
方法を知りたくありませんか?

作業手順としては、あるWebサイトで売られている商品を仕入れてヤフオクに出品する
だけ
という簡単さですが、仕入れる際に専門知識や目利きなどは特に必要ありません。

日本国内のWebサイトから仕入れるため、日本語が分かれば十分です。
関税などの小難しい計算も必要ありません。

仕入れ価格は1000円から10000円、平均すると5000円程度であるのに対して、ヤフオク
での落札価格は5000円から1万円を超えることが一般的で、5万円を超えるケースもある
といったら驚くのではないでしょうか。

山内さんが仕入れるのは週1回から2回、1時間程度の作業時間で月30万から40万円を安定
的に稼ぎ続けているのです。

その転売手法を、山内さんは「ワンマーケットせどり」というマニュアルにまとめて公開
しています。

しかし、実践者が増えると、仕入れで争奪戦が起こるのではないかと心配しているのでは
ないでしょうか。

かつては、ブックオフなどで複数のせどらーがバーコードリーダー片手にビームせどりを
いたるところで行っていたり、争奪戦や小競り合いなどのトラブルが起こっていたケース
もありましたが、ワンマーケットせどりで仕入元となるWebサイトでは、常に数百種類
以上の豊富な商品が用意されていますので、全商品が売り切れる心配はまずありません。

10兆円もあれば、商品棚の端から端まですべて買うといった芸当も可能かもしれませんが
相当な人数がワンマーケットせどりを実践しない限りは大丈夫でしょう。

【続きを詳しく】