gyoshokaigyo

行政書士試験に合格した後、各地域の行政書士会に登録すれば、行政書士としての業務が
行えるようになるわけですが、事務所で待っていれば書士会がお客さんを斡旋するなどと
いうことはなく、顧客の獲得に関しては全て自分自身で行わなければいけません。

また、法律事務所や書士事務所などで実務経験を積まない限り、行政書士としての仕事の
進め方を学べる機会がない
というのも大きな特徴の一つです。

無資格者が法律事務所や書士事務所などで勤務できるチャンスというのは極めて少なく、
行政書士になってから仕事の進め方などをマニュアルを使って学ぶというケースが珍しく
ありません。

司法試験合格者が司法修習を受けなければいけないのと比べると、行政書士試験合格者が
いきなり実務につくというのはハードルが高いように思うかもしれませんが、これまでに
大きなトラブルが起こらなかったことからも、今後も改善される見込みはないでしょう。

そこで、「行政書士開業セット」などの実務マニュアルが役立つわけですが、以下のよう
な方法を学ぶことが出来ます。

  • 補助者にならなくても実務を習得する方法
  • 自分に相談が来るシステムを構築する方法
  • 業務をこなす上での受託システムを構築する方法
  • インターネットを活用した集客する仕組みを構築する方法

もちろん、行政書士では定番と言われる業務をこなす上で必要となる書式雛形や資料など
も用意されています。

行政書士としての稼ぐ仕組みを最短距離で確立するために必要なものは全て揃っている
いっても過言ではありません。

【続きを詳しく】