ranking

サイトアフィリエイトでの定番として「ランキングサイト」があります。

しかし、根拠の乏しいランキングでは利用者からそっぽを向かれることも珍しくありません。
PPCアフィリエイトでは審査で落とされるケースも増えてきました。

アフィリエイト報酬順の大きい順番に1位、2位と並べるのは論外ですし、根拠の無いポイント
制に基づいた順位付けというのも信ぴょう性を疑われて利用者からの評価も低くなりつつある
というのが現実です。

エステのランキングサイトなどで、店員対応を1から5までの5段階で評価するとしても、店員
によって個人差がありますから評価基準にすること自体に無理がありますし、ポイントを調整
してゴリ押しすることは簡単ですから、「ステマ」などと罵られるのがオチでしょう。

ランキングサイトはあちこちで目にしますから、いい加減な評価だと見向きもされません。

値段や所要時間、来店客数や満足率など、それなりに客観性のあるデータをもとにして比較を
行ってランキング付けをしないと信用されない時代です。

その一方、馬鹿正直にデータを並べてランキング付けするよりも、ちょっとしたテクニックや
工夫をすることでアフィリ報酬を簡単に発生できる
といったら驚くかもしれません。

もちろん、ゴリ押しや捏造をすればいいなどと言っているわけではなく、調査対象を全て順位
づけするのではなく、上位5位程度に絞り込んで表示させたほうがアフィリリンクのクリック
数も増えますし、アフィリ報酬も増えるという結果になる
と指摘をするのはアフィリエイター
佐藤光揮さんです。

また、ランキングを美しいレイアウトのWebサイトで見せなくても、無料ブログ程度で十分だ
といったら驚くのではないでしょうか?

佐藤さんが、その具体的な手順をマニュアルにまとめて公開しました。

【続きを詳しく】