selftrade

中国輸入転売の方法を知りたいのであれば、最近だと無料レポートやブログなどを調べる
だけでも相当な量の情報が手に入る時代となりました。

タオバオやアリババなどのアカウントの開設方法や輸入代行業者との契約方法、amazon
アカウント開設方法などの手順レベルであれば、googleやYahooで検索すれば十分です。

その一方、タオバオから何の商品を仕入れたら良いのかといった具体的なノウハウとなる
と「稼ぎのキモ」に直結しますから、積極的に情報公開する人は減ってきますし、過去に
稼げた実績をブログなどにアップしている人でも、今は稼げないものばかり公開している
ので猿真似しても意味が無いという結果になりがちです。

機械的にタオバオとamazonなどの価格差をツールを使って調べるのも一つの方法ですが
簡単に見つけられる商品ほど競争が激しくなりやすく、すぐに値崩れが起こってしまって
利益が減る程度でおさまらずに損失が発生することになりかねません。

同じ商品が仕入れられたとしても、仕入れ価格と販売価格とを比較すると全く割に合わず
現在の出品者が何円で調達しているのか想像もつかないというケースも増えています。

その原因としては、現在の出品者が大量一括仕入れでボリュームディスカントを実践した
結果であったり、優先的に調達できる契約を結んでいるなどの理由で、他の人には高値で
販売するように調達元が決めているなどといった原因が考えられます。

そこで、中国輸入転売で毎月安定的に稼ぎ続けている山田マヤさんが完全在宅で中国輸入
を行って稼ぐ具体的な方法をまとめたマニュアルを後悔しました。

それが「1人で取り組む中国輸入セルフトレーディングバイブル」です。
完全在宅で、電脳せどりの感覚で取り組むことが出来ます。

【続きを詳しく】